雪と戯れるという楽しみ方

雪と戯れるという楽しみ方

川越を出発してから三時間経つと、雪国になりました。雪が積もるということが実感としてない関東在住の人間は、まず雪が積もって壁になっているということに、なによりも圧倒されてしまいます。加えて、吹雪に遭遇したときなども、自然の生の荒々しさというものを教えてくれます。
スキーをするときも、真っ白なゲレンデを一度目にすると、まるで子供の頃に帰ったように興奮してしまいます。友達と思い切り遊ぶときの、あの感覚です。今度は雪が自分と友達になる訳です。全力でゲレンデを滑り終えたあとに襲ってくる身体の疲労も、心地の良いものです。スキーという雪国ならではのスポーツをすることで、普段の生活では味わえない楽しみを見つけることができます。

自分へのごほうびかな・・・。

先日とうとう念願叶いましてオーデマピゲの時計を購入しました。皆さんご存知の通りオーデマピゲはスイスの時計メーカーさんで世界三大高級時計メーカーの一つに上げられてるので有名ですよね。
長年購入したいと考えていましたが金額も金額ですのでなかなか踏ん切りがつきませんでしたが、最近知人が購入して実物を見てみるとやはり私も欲しいってなりましたので勢いで購入してしまいました。
ですが、値段以上の価値があると思います。まず、時計自体の繊細な作りこみの数々ですよね。これは芸術と思うと思います。また、時計が繊細に作られオシャレで、どの服装やどんなシーンにも合いますよね。
正直魅せる時計と思いますので購入をオススメしたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です